Careお家でマスター簡単ケア

2020.08.01

ツボの話

このツボは肩こりに良い、など日常に「ツボ」という言葉を何気なく使います。

このツボは全身の皮膚上に約720個点在しています。

ツボを見てみようと、皮膚をメスで一枚一枚はがしてみても

ツボはどこにもありません。

ツボは目に見ることが出来ないのです。

 

ツボの話をするときには

どうしても目に見えない「気」の話になってしまします

ツボ療法は民間療法レベルではなく

治療効果が認められているほど、

古代中国の時代から現代に受け継がれています。

そもそも生き物の体は

目に見えるもの、見えないものがうまく関わりあいながら

成り立っています

「気」「血」「水」この三つの要素が

バランスよく働いてくれて「健康」でいられます

 

この「気」の出入り口が「ツボ」

ツボと臓腑、器官とをつないでいるのが

「経絡」という気の流れる道があります

 

胃のツボは足の膝にあったり、目に良いツボは手の甲にあったり

体の遠隔部で「元気スイッチ」を入れられるように

私たちの体は出来ています

 

皮膚からの刺激が脳に伝わり

脳から臓腑、器官へ信号が届いて回復改善に導く

「皮脳療法の考え方はここからきています

健康に美容に役立つためのツボ療法

少しずつアップしていきたいと思います

 

一覧へ戻る
TOP